45日目「贅沢すぎるBBQ」

5月24日(金) ノルウェー、ソートランド


朝目覚めて、窓から眺める景色がこれってどゆこと!?!?

なんて贅沢なんや!!!!!

ホストのスベイン。

数年前に奥さんを亡くし、現在はここソートランドで一人暮らしをしている。

現役時代は船乗りとして世界中を航海していたという。引退後も頻繁に海外旅行をしており、つい先日南米から帰ってきたばかりだ。

スベインは10年以上前から、AFSという高校生の交換留学制度の運営に携わっており、ホストとして世界中から高校生を受け入れている。現在は2人の高校生(インド、日本)がスベインの家で暮らしている。

AFSは異文化交流を目的とした非営利組織だ。ホストファミリー、留学生のサポートなど、主な活動がボランティアで成り立っている。スベインもボランティアとして、高校生の受け入れにかかる費用を全て自腹で負担しているそうだ。

「この写真を見てみろ!去年結婚式に呼ばれて日本まで行ってきたんだ!」
「こいつはすげーぞ!数か月でノルウェー語をマスターして、こっちで就職しちまったんだ!」

これまで受け入れてきた学生たちのエピソードを、まるで息子を想う父親のように嬉しそうに話してくれる。

現在ここに滞在している日本人のシュン君。

「ずっと建築を学んでたんですけど、こっちに来て違うなーって。将来的に起業したいと思うようになりました。今まで、小さい頃に決めた進路に縛られてました。こういった経験を、もっと多くの人に与えられるようになれたらなって思ってます。」

高校生の時の俺に聞かせてやりたいと思った。高校生ぐらいの年齢で海外に出て、既成の価値観がぶっ壊れる経験ができるのは本当に素晴らしいことだ。

人は、すぐ身近にいる5人の平均的な思考に染まっていくという話をどこかで聞いたことがある。

一般的な高校生が関わる人の幅はたかが知れている。学校の友達、先生、家族ぐらいのものだろう。彼らは気付かずに、その人々の人生観、価値観に染まっていく。だが、それが本人にとって正しいとは限らない。生き方は無数にあるのだから。

世界の人々を繋げる

スベインがやっていることは本当に素晴らしい活動だと思う。

違いを知ること。
既成観念を壊すこと。
自分の頭で考えること。

人がより、自らの幸せを追求するために、大切なことなんじゃねーかな。

 

さて、今日は歌うぞ!!!!!

ヒッチハイクで車を掴まえ、颯爽と町へ向かう。

もはや、ヒッチハイクとかカウチサーフィン無しには旅が成り立たねーなこりゃ。笑

でも、サバイバル旅しててホンマに良かった。もし俺が潤沢な資金を持って旅に出ていたとしたら、ヒッチハイクもカウチサーフィンもまずやっていないだろう。

その分快適な旅は出来るだろうが、出会いや、人と繋がる面白味は半減してしまうんじゃねーかな。こうやって現地の人と関わって、話して。これ以上に贅沢な旅なんて存在しないと俺は思う。


いざ、町の中心部へ。

だが、、、

人通り少なすぎやろ!!!!!笑

それもそのはず。ここは人口わずか1万人の田舎町だ。ストリートミュージシャンの姿も一切見受けられない。

こんなとこで歌う意味があるのか?笑

まあでもせっかく来たことだ、とりあえずやってみるか。

町を右往左往し、ポイントを探す。入念な現地調査の結果、ショッピングセンターの前に陣取ることに。

演奏開始!!!


お?!

思ったよりは反応してくれる人がいる!どうやらショッピングセンターの中に音が聞こえているのか、出て来た人々が笑顔でチップを入れてくれる。

特に、俺より年下だと思われる若い世代。

アイスくれた。

今日は喉の調子も良い感じ。

1時間半ほど歌い、今日のあがりは約280クロム。

田舎でも全然いけるやん!!!

 

ヒッチハイクで帰宅。

こーんな景色を見ながらバーベキュー!!!

静寂の湖。
上質なお肉。
沈まない太陽。

なんて贅沢なんだ!!!!!

宴会要員(俺)

良い夜だった。

全然夜感ないけど笑


そんなソートランドでの一日だった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です