【音楽と共に世界を巡る】海外で現地の人々と歌を歌ったシーンを振り返ってみた。

音楽と共に世界を巡る

歌う旅人だいさちです。

2019年4月から、1本のギターを抱え、世界中の人々と一緒に歌を歌いながら旅をする世界一周に出発する予定です。

これまでも、様々な国々を訪れ、現地の人たちと一緒に歌を歌ってきました。その度に、音楽の素晴らしさ、何もかもが違う人々が一つになる瞬間に心を動かされました。

今回は、歌う旅人だいさちのこれまでの海外での音楽シーンを、その時のエピソードと共に振り返ってみようと思います!!!

2014年 スリランカ

歌う旅人だいさちの全ての原点がこの瞬間に詰まっています。それまで海外に全く興味の無かった俺が、ふと見つけた「スリランカでもう一つの家族を作ろう」というキャッチコピーに惹かれ、スリランカの山奥の村へ。

言葉が通じない中、100人を超える人々と輪になって大合唱。まるで映画の中にいるかのような感覚でした。それ以来、もっと広い世界を知りたい!と、定期的に海外に旅に出るように。

※スリランカでのエピソードはこちらから

2018年 フィリピン

イロイロ市を訪れ、現地の貧困家庭にホームステイさせて頂きました。これはお別れの際、一緒にステイした日本人の友人と2人で歌を歌った時の動画です。

またいつでも戻っておいで!!!と言ってもらえて感激でした。この時にお世話になった家族からは、Facebookを通じて定期的に連絡が来ます。

世界中に、また会いたいと思える人がいる。本当に素晴らしいこと。

Kiroroさんの「Best friend」という曲を現地の子供たちと合唱。現地NGOの団体で3ヶ月間スタッフとして働いていた日本人へ感謝の気持ちを込めて演奏しました!!!

日本人が運営するNGOということもあり、日本語の歌を歌うこともあるそうで。子どもたちからの「ベストフレンドを歌いたい!!!」というリクエストに応え、アコギで伴奏させてもらいました。

歌があれば、お別れのシーンがより思い出に残るものになる。

本当にいい時間でした。

2018年 アイルランド

「音楽の国」とも言われるアイルランド。町の至るところでミュージシャンが演奏しており、パブでは無料で質の高い生演奏を楽しむことができます!!!

アイリッシュの人々は本当に音楽が大好き。アイルランドに来て間もない頃、公園で一人ギターを弾いていたらなんとアイリッシュが大勢集まってきました!!!笑

アイルランドの西の都ゴールウェイには、誰でも自由に演奏することができるオープンマイクイベントがいくつか開催されています。ゴールウェイ滞在中は現地の人々に混ざって定期的に歌っていました!

色んな曲を演奏しましたが、最高に盛り上がったのがこの「SAMURAI SOUL」。現地の人々が溢れんばかりの声で叫んでくれました!

おそらく、ゴールウェイで一番有名な日本語の歌はこのSAMURAI SOULです。笑

現地の人々を笑わせた!!!!! 演奏としてNO.1はこの「めざせポケモンマスター」。実は海外のポケモンのアニメでは別の曲が使われているらしく、反応が心配でしたが。。。。

「ピカチュウ!!!」は世界でも通用しました。笑

やはりポケモンの力は偉大。

こちらは「Let it be」の大合唱。

ビートルズの歌は間違いないですね。知らない人のほうが少ないのではないでしょうか。

それにしてもアイルランドの人々はノリが良くて、めちゃくちゃ声を出してくれる。演奏する側としては本当にやりやすいです。会場が一体となって一つの音楽を作り上げているような感覚になります!!!!

※アイルランドでのエピソードはこちらから

2019年 タンザニア

タンザニアの子供は人懐っこく、道を歩いているだけでたくさんの子供たちに囲まれます。毎日のように、路上にいる彼らと一緒に歌を歌っていました。この歌はジャンボソングと言われる、スワヒリ語で最も有名な歌。子どもたちも大喜びで、ギターを弾いている自分が一番楽しいです。

日本語の歌も歌いました。THE BLUE HEARTSさんのリンダリンダです。全身をフルに使って子ども達を楽しませてみました。笑

現地の教会で弾き語りをさせて頂きました。100人近くの方々が真剣に耳を傾けてくれているのが分かったので本当に嬉しかったです。

※タンザニアでのエピソードはこちらから

結論:音楽は国境を超える

ギターが1本あれば何かが生まれる。

一つの歌が、何もかも違う人々を一つにしてくれる。

音楽で目の前の人々と繋がる瞬間ほど心が震えることはない。

共に歌う。

そんな瞬間を、これからも世界中で生み出していきたい。

乞うご期待!!!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です