出発前「新聞デビュー」

4月7日(日) 日本、和歌山

 

ドーン!!!!!

なんと、地元和歌山県日高郡の地方紙「日高新報」さんに取材して頂きました。

まさかの一面トップ。笑

(本当は紙の記事を写メって載せたいのですが著作権的に大丈夫なのか心配なのでウェブ記事のリンクのみにしておきます)

俺のこれまでの経歴、旅に至るまで、すげー分かり易くまとめてくれてる。

ちょっとでも俺のこと知ってくれて、このブログ読んでくれる人が増えたら嬉しいな。そのためにも毎日魂込めて更新していこうと思う。

前澤社長の100万円に当たってから、テレビ東京に取材されたり、Twitter通じて色んな人がメッセージ送ってくれたり、すげー世界が広がった感じはある。100万円という金額自体も大きいけど、それ以上のものをもらってるわ。

マジで俺運ええわ。運良すぎやろ。

それと当時に、こんなんで調子乗ってたら絶対アカンわ。俺は何も凄いことしてないし。自分の足元はちゃんと見とかんと絶対アカン。

宝くじで大金当たった人は不幸になるとか、友達いなくなるってのはよく聞く話。それはつまるところ、本人の実力に比例してないからなんじゃねーかな。

人が成長するためにはそれなりの時間がかかる。見かけの部分と、本当の実力が乖離し過ぎると、どこかで潰れてしまう可能性が高い。大事なのはコツコツ積み上げていくことよ。

そういう意味では100万円ってのは丁度いい金額やった笑。仮に1億とかやったらどうしたらええか全く分からへんからな。前澤社長に感謝やわ。

 

さて、ここ1週間ほど更新できてませんでしたが

家族で飯を食べに行ったり

地元の友人に会いに行ったり

旅立つための荷物や保険の準備をしたり

1人温泉でゆっくりと物思いにふけったり

旅立ちに向けてメンタルを作ってました。

 

ギターを抱え歌いながら世界中を旅する。

いつからか分からないけど、ずっと実現させたいと思ってきたこと。

もしかすると、中学生か高校生ぐらいの時から思ってたかもしれんな。

でもそんなん無理やと思うやん?

絶対できるわけないと思うやん?

だから、俺はそいつに蓋をして、当たり障りのない人生を歩んで行こうとしてた。

 

でもな、人生ってのは1回しかない。

そしてそれはいつ終わるか分からない。

8年前、父親の死が俺に教えてくれた。

なぜ旅をしたいのか?

その問いに対して、どう答えれば良いか正直今でも分かんねえ。

ずっと考えてたけど

ただ旅をしたいから。

答えになっていない、これ以上の表現はできねえわ。

ホンマにやりたいと思うことには多分、理由が無い。

 

出発前のどうしようもない不安。

飛行機が離陸した時の高揚感。

新しい国に着いた時の開放感。

素晴らしい出会いに対する感謝。

一人に戻った時の寂寥感。

日本に帰って来た時の感動。

そういう感覚を、25歳の今。今、味わってみたい。

 

それをやったところで何になるの?

って言われたらうまく返せへんけど。

 

男には行かなきゃいけねー時がある。

 

旅立ちまであと少し。

家の近くの桜が綺麗でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です