出発前「俺はまた、海外に行かなくちゃいけないらしい」

3月28日(木) 日本、奈良

 

旅立ちまで2週間を切った。今日は、地元和歌山から奈良へ。

 

タンザニアぶりのリサ

と、大仏プリン

タンザニア?

 

そう、俺たちはほんの3週間前まで、アフリカのタンザニアという国でとあるNGOの活動に参加していたのだ!!!

 

そういや俺ら、タンザニアにおったんやな。笑

タンザニアにいる時は、日本が同じ地球上にあるとは想像できないくらい遠い場所のような気がしてた。

今は、タンザニアが同じ地球上にあるとは思えないくらい遠い。

なんか不思議な気持ちやな。

 

タンザニアから帰国して3週間。家族、友人、中学生の時の先生や、初めて会う人たち。会いたいと思う人、会いたいと言ってくれた色んな人達に会いに行った。

大阪、名古屋、東京。

この、日本という国で。皆、それぞれが力強く根を張り、今という時を生きていた。

 

大切な人が元気でいること。

面白い人たちに出会えること。

人と会って話すことで、また頑張ろうって思える。

それと同時に、俺の人生ほんまにこれでええんやろうか?って思う自分もいる。

毎日必死な思いをして仕事をしてる同い年のやつら。結婚をして子どもを授かった後輩。

人の数だけ人生があっていい。

俺は俺の人生を生きる。そう思いながらも、生き生きしてる人の話を聞くと、嬉しさと同時に、それに流されてしまいそうになる自分もいる。

人がやらないことをやるってのはやっぱこええ笑。くっそ怖い。

アフリカ、タンザニア。

 

リサと話して、久々にタンザニアでの日々を思い出した。

 

あのクソ熱い日差し。

駆け寄ってくる子ども達。

熱にうなされて寝込んだ夜。

現地の人々と奏でた歌。

 

生きてたわ。しんどいことも、嫌な思いをしたこともいっぱいあったけど、生きてたわ。

そんなことを考えていたら、胸が熱くなってきた。

どうやら俺はまた、海外に行かなくちゃいけないらしい。笑

まだ旅は終わってねえ。

というわけで東大寺でお土産を購入。こいつが守ってくれると信じて。

100年前のたい焼き。100年前と同じ方法で焼いてるらしい。ポーズ取ってくれるおっちゃん優しい笑

 

リサありがとう。おかげで旅のモチベが上がったわ。

ちなみにリサは今大学3年生。大学4年次を休学して4月からイギリスに留学するとか!!!

まじですげえ。応援してるぜ!

 

束の間の日本滞在。奈良を満喫しただいさちであった。

つづく。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です