絶海の孤島。最果ての地。アイルランド、イニシュモア島。息を呑むような光景がそこにはある。

イニシュモア島

「美しい自然に癒されたい!」

「世界の果てに行ってみたい」

今回は、そんなあなたにピッタリな場所。アイルランド、イニシュモア島についてご紹介します。

そこは絶海の孤島。最果ての地。

実際に訪れた時の写真をたっぷりとお届けしていきます!!

イニシュモア島とは

アイルランド島の西、ゴールウェイ湾に浮かぶ3つの島で構成されているアラン諸島。イニシュモア島はアラン諸島の中で最大の面積を誇る島です。

中世キリスト教の遺跡群が多く残るのその地は、石灰岩で土壌が形成されており、木々が生えない荒涼とした世界が広がっています。人口はわずか1100人ほど。

イニシュモア島への行き方

アイルランド西部の中心都市であるゴールウェイ(Galway)から、バスとフェリー、または小型飛行機で訪れることが一般的。

参考までに、自分は下記のツアーに参加しました。

料金は大人34ユーロ(約4400円)、学生28ユーロ(約3600円)

学生証を提示することで学生料金でチケットを購入できます。

ゴールウェイから日帰りで参加する場合は、下記のスケジュールになります。

約6時間、イニシュモア島での滞在を自由に楽しむことができます。

・9:30 行きバス発(ゴールウェイ)

・10:30 行きフェリー発

・11:15 イニシュモア島着

・17:00 帰りフェリー発

・18:00 帰りバス発

・19:00 ゴールウェイ着

時間が許すならば、島内で一泊することをお勧めします。島内は見どころが多く、全て見て回るためにはけっこうな体力が必要になります。

イニッシュモア島は全長約14キロ、幅約3.8キロの細長い島。島内を観光する手段としては、レンタルサイクル、馬車、ミニバス等の手段があります。天気が良ければ、自転車で縦横無尽に駆け抜けることをお勧めします。

実際に行ってみた

アイルランドの天気は変わりやすく、雨が多いのが特徴。島内を自転車で散策するため、天候が良い日を見計らって訪れました。

f:id:strongemotion:20181116001750j:plain

フェリーに乗船。イニシュモア島はアイルランドの中でも外国人に人気の観光地。船内は様々な国の人々で埋め尽くされていました。ちなみにこの日は波が激しく船がかなり揺れたこともあり、若干の船酔いに。。

イニシュモア島

約45分の船旅を終え、無事イニシュモア島へ到着。

イニシュモア島

サイクルショップにて、自転車をレンタル。1人10ユーロ(約1300円)。徒歩ではとても島を回り切れません。

イニシュモア島

いざ、冒険の旅へ。木が全然ありません。そして観光客以外の人がほとんど見当たりません。現地の人々は一体どういう暮らしをしているんだろう。。。

イニシュモア島

十字架。どんな意味があるんだろう。直後、少し雨が降り出す。晴れていた、と思ったら雨が降り出す。10分間隔で天気が変わるのがアイルランド。

イニシュモア島

海岸沿いを走り抜ける。風が強い。大西洋から吹きつける強風のため木々が育たず、木々が無いことで強風にさらされます。

イニシュモア島

島は石垣で囲まれた畑と牧草地が約半分を占めており、残りの半分は岩盤で覆われています。

イニシュモア島

島の至るところで動物たちの姿を見ることができます。

イニシュモア島

いざ、古代遺跡ドン・エンガスへ。イニシュモア島最大の絶景ポイントと言われているドン・エンガスは島の南岸に位置しています。そこに至るまでは、船着場から自転車で約30~40分程度。尚、ドン・エンガスに入場するためには1人5ユーロ。学生3ユーロの入場料がかかります。

イニシュモア島

石造りの道のりを、頂上を目指し歩くこと約15分。開けた視界の先には、遺跡らしき建造物が見えました。

イニシュモア島

いざ、中へ潜入!!!!!!

イニシュモア島

遺跡の中には何もありませんでした。だが、そこには息を呑むような光景が、、、、、、

イニシュモア島 イニシュモア島 イニシュモア島

絶海の孤島。最果ての地。

ここが地球であるということを疑うようなランドスケープ。

生きてるって素晴らしい!!!!!

そんなことを思った。

結論:イニシュモア島は最高すぎる

アイルランドでお勧めするなら断然ここ!!!

訪れる際の注意点

  • イニシュモア島は天候が変わりやすいです。天気予報が晴れでも万が一に備えて雨具を携帯しましょう。
  • 島に向かうフェリーはかなり揺れます。船酔いをする可能性のある方は酔い止めを持って行きましょう。
  • 島内には飲食店等ありますが、場所が島の一部に限られています。水分や軽食を予め携帯した方がよいかもしれません。

以上、アイルランド、イニシュモア島についてお届けしました!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です