【再開】フランス、パリにて

どうも、お久しぶりです!!!
 
約3ヶ月ぶりにヨーロッパに帰ってきました。現在地、フランス、パリです。
 
まずは、このブログを長く楽しんでくださっていた皆さんに、改めて感謝申し上げます。
 
そして、かなりの長文になりますが、前回の更新からこの約2ヶ月半の間に考えたことを正直に綴っていきたいと思います。
 
 
 
一時帰国する前の数週間、旅をすることが義務のようになっていました。正直、アルバニアに入ったあたりからは人に会うのも億劫でした。
 
今思えば、自分で自分に足枷を掛けている状態でした。
 
なんとしてでも面白い旅にしたい。
旅、音楽の素晴らしさを伝えたい。
思いが強すぎました。
 
そもそも、何が起こるかが分からないのが旅の魅力なのに、結論ありき、「面白い」という前提ありきで旅をしていたのだと思います。
 
そして、日本に一時帰国してからは、日本の「現実」という壁にぶち当たりました。横断歩道を歩く人々の、一糸乱れぬようなその様。世界一統制の取れた人並みの中で、自分だけが置き去りにされているような感覚に陥りました。
 
それからはもう、めちゃくちゃしんどかったです。あれやこれやと、様々な思考が頭の中を駆け巡っていきました。
 
 
しかし。
 
 
復活しました!!!!!!!!!!
 
 
旅をします!!!笑
 
 
今回学んだことがあります。
 
 
それは
好きなことをするから楽しいんじゃない
好きな人といるから楽しいんじゃない
世界中を旅するから楽しいんじゃない
 
心が笑っているから楽しいんです。
 
そして、その心は意識して鍛えることができる。
 
心というのは気まぐれな奴です。どうやら、人は起きている時間の50%ぐらい、過去か未来のことを考えているらしい。
 
俺の場合、調子が良い時は子どものように目の前のことしか考えていませんが、少し穴にはまると、起こってもいない未来の出来事を想起したり、考える必要のないことを考えて勝手に不安な気持ちになっていました。
 
だがしかし。
 
過去も未来も、今この瞬間には存在しない。
 
今この瞬間を極限まで味わい尽くすことこそが、良い人生を生きることに繋がる。
 
人の心は、知らず知らずの間に小さな箱の中に閉じ込められている。その心こそが、意識を過去と未来に連れて行ってしまう。
 
俺の場合は
・いつも楽しんでいる人間
・人に灯りを与えられるような人間
という強烈な理想の自己像のようなものがあったと思います。そういう人間でありたかったし、そういう人間だと思われたかった。
 
まあ、単純にカッコいい自分でありたかったし、そう思われたかったんだと思います。笑
 
ですが、それこそが自分自身を苦しめる元凶でした。
 
しんどい自分も、上手くいかない自分も、全部俺なんです。考え過ぎて一睡もせずに出社する自分も、同じミスをやらかして怒鳴られている自分も、全部俺なんです。笑
 
自分のイメージを自分で決めてしまうと、それに応えられない時に自分を自分だと認められなくなってしまうんですね。そうやって疲弊した心の状態こそが、過去への後悔や未来への不安を生み出す原因になる。
 
そんな状態で生きていたら、良い選択なんてできないだろうし、何より楽しくない。
 
それに気付いてから、意識を「今ここ」に置く練習をやってました。いわゆる「マインドフルネス」というやつです。
 
これが効果ありました。
 
この時代、漠然とした未来への不安や、過去への後悔を全くゼロにして生きることの方が難しいのかもしれません。
 
そんな時は。
 
①自分を縛っている思考に気付く
②それが重要ではないと認める
③意識を「今ここ」に戻す
 
それだけで、楽になる人はいるんじゃないかな!
 
正直2ヶ月間、気持ち的にはかなりのスランプでしたが、ほぼほぼ戻って来ました!笑
 
ちなみに、この期間、「心」や「マインドフルネス」に関する本を何冊か読んだのですが、もし気になった人がいれば直接聞いてください!笑
 
プラス思考であれ!ポジティブに生きろ!という言葉をよく耳にしますが、それは半分合っていて、半分は間違っているな、と思います。大切なのは心を美しい状態に保つこと。心が疲れているのに、ポジティブに考えようとするのは自分を苦しめるだけなんだな、と。
 
そういえば、先日の全英女子オープンゴルフにて、渋野日向子選手の活躍に感銘を受けました。「優勝」という結果よりも、メンタルコントロールの技術が本当に素晴らしいな、と。笑顔で伸び伸びとプレーする姿が印象的でしたね。
 
これは俺の想像ですが、渋野選手はメンタルに関するトレーニングをしっかりやっているんだろうな、と。
 
スポーツ選手だけではなく、Googleやゴールドマンサックスといった大企業が「瞑想部屋」を職場に設けるといったニュースも話題になっているようです。
 
結局何が言いたいかっていうと
 
「心との向き合い方で人生の質が変わる」
 
っていうことかな!!!!!
 
過去から学び、未来に備えることができるのは、全ての生物の中で人間だけに与えられた特権。それと同時に、我を見失ったり、もがき苦しんだりできるのも人間だけ。だからこそ、自分の心を知り、それと向き合うことは大切なんです!
 
 
はい、話が長くなり過ぎました。笑
 
 
最後に旅についてです。
 
「音楽と共に世界を巡る」というテーマで旅をしようと決めて、アイルランドに飛び立った時から約1年3ヶ月が経ちました。
 
旅立つ前には想像もできなかった出会いと経験。出会ってきた人々の顔を思い浮かべると、自分にとってどれだけかけがえのない時間だったのかが分かります。
 
ですが!
 
そんな経験よりも、今回のような心理・精神的気付きの方が自分に取って大きな意味があるような気がします。
 
そして、そろそろ次のステップに進みたいなというか。旅のフェーズは俺の中で終わりつつあります。
 
単純に、もっと情熱を注げることをして、自分を成長させたいです。というのも、1年ちょっと経って、旅それ自体が想像の範疇に収まるようになってきたんです。もちろん、世界中に行ってみたい国、場所はまだまだ無数にあるんですが、これ以上同じことを続けることに意味があるのかと問われればそれはどうなのかな、と。
 
結局のところ、どんな場所に行っても出会うのは「弱い自分」です。
 
ですが、旅の中でどうしてもやりたかったことがあります。そのためにヨーロッパに戻って来ました!それを終えた後の自分が何を思うのか、今の俺には分かりませんが。笑
 
というわけで、数日間パリを満喫した後、ある場所に向かいたいと思います。このブログについては、以前のような毎日更新はできないかもしれませんが、気まぐれに更新していきます。
 
ちなみに、この1ヶ月半はフィリピンで英語の勉強をしてました。旅の中で英語の必要性を強く感じたことと、これらの考えを整理する時間が欲しかったからです。英語は一生学び続けたいな、と。単純に、人生を100倍面白くしてくれると思うので!
 
 
長くなりましたが、もし最後まで読んでくださった方がいれば感謝です。
 
 
旅に出て良かったです!
 

エッフェル塔にて

 
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です