英語が苦手でも簡単に外国人と仲良くなれる3つの方法

外国の人と仲良くなりたい!

リトルだいさち
でも英語は苦手だし、どうすれば仲良くなれるの?
旅人だいさち
英語ができなくても、外国人と仲良くなれる方法はある!

そこで今回は、過去アジアの様々な国でNPOの活動に携わった経験、アイルランドで語学留学をした経験から

英語が苦手でも外国人と仲良くなれる方法

についてご紹介していきます!!!

①相手の国の言葉を覚える!

外国人から「コンニチハ!」「アリガトウ!」

と声を掛けられると、なんだか胸がほっこりしませんか!?

母国語というのは、人のアイデンティティーの一つ

自分の母国語で話しかけられると、誰しも嬉しい気持ちになるし、相手に対し親近感を覚えます。それは、相手が自分(及び自分の国)に対して興味を持ってくれているというのが分かるから!

相手の国の言葉を覚える。相手の国の言葉で話しかける。

旅人だいさち
それだけで、お互いの心の距離がグッと近くなる!

何も、難しい表現を覚える必要はありません。

「こんにちは」や「ありがとう」といった最低限のコミュニケーションに必要な単語を覚えておくだけで良いんです。

例えば自分は、外国人に会った際、下記のように挨拶しています!

こんにちは

韓国人なら「アニョン!」

スペイン人なら「オラ!」

イタリア人なら「チャオ!」

旅人だいさち
この言葉はあなたの国の言葉で何というの?というように、相手の母国語を直接教えてもらうのも効果的。話が続きやすいし、教えてもらった言葉を次に会った時に使えばグッと仲良くなれる!

②笑顔

いつも笑顔でいる人に対して、悪い印象を持つ人はいないのではないでしょうか?

笑顔の周りには人が集まり、周りの人も笑顔になっていく。

それは、国籍や言語を跨いでも変わることはありません。

リトルだいさち
きっとこの世界の共通言語は~♪英語じゃなくて笑顔だと思う~♪

日本人というだけで興味を持ってくれる外国人は多いです!独自の文化や、マンガ、アニメの影響で、日本という国は世界中で認知されている。

楽しそうにしていれば、自然と人が寄ってきて話しかけてくれる。そのためには笑顔が何より重要!!!

③ダンスに混ざる

外国人と一緒にダンスをする機会があれば、一気に心の距離を縮めることのできるチャンス!!!!

日本では、ナイトクラブに行ってダンスをする!といえば、チャラいというイメージがつきまといますが、海外では大衆的な娯楽として親しまれている国が多い。

特に南米(ブラジルやアルゼンチン)、ヨーロッパ(スペインやアイルランド)といった国の人々はダンスが大好き。

リトルだいさち
踊り方とか全然分からないんですけど、、、
旅人だいさち
ノープロブレム。誰も上手さなんて見てない。雰囲気に合わせて身体を動かすだけで良い!

旅人だいさち
日本人で積極的にダンスに混ざろうとする人は少ない。思い切って入っていけば、それだけで人気者になれるチャンス!

踊る時のポイントとしては、とにかく周りの人の動きを真似すること!

同じ動作をすることで、心の距離が近くなる(ミラーリング効果)

旅人だいさち
女性の手を取って踊れるようになれば最強。俺にはその勇気はない笑
リトルだいさち
ヘタレか

まとめ

英語が苦手だからといって、外国人と関わることを怯える必要はありません!!!

リトルだいさち
もちろん話せるのに越したことはないけどな

最初は勇気がいると思いますが、まずは相手の国の言葉を覚えて、思い切って話しかけてみよう!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です