アイルランド語学留学の半年間にかかる費用はいくら?

アイルランド語学留学

2018年7月から半年間、アイルランドに語学留学中していました。
今回は、この半年間の滞在にかかった費用について詳しくお伝えします!!

かかった費用一覧

留学の準備にかかった費用

  • パスポート(10年用) 1万6千円
  • 航空券(往復) 12万5千円
  • 保険料  10万円
  • 授業料(25週間) 40万円
  • ホームステイ(4週間) 9万5千円
  • 合計  73万6千円

滞在中にかかった費用

  • ホームステイ(2週間延長)4万7500円
  • シェアハウス(4ヶ月半) 20万2500円
  • 学生ビザ  4万円
  • 旅行代  20万円
  • 生活費  48万円(月約8万円)
  • その他  9万円
  • 合計  106万円

総額 179万6000円

あくまで概算になるので、実際はもう少しかかっているかもしれません。

項目別に一つ一つ解説していきます!

項目別解説

パスポート(10年用)  1万6千円

アイルランドに入国するためには、滞在予定期間+6ヶ月の有効期限がある
パスポートが必須になります。以前持っていたパスポートの期限が残り1年未満となっていたため、出国前に更新を済ませました。

航空券(往復) 12万5千円

カタールのドーハ経由で、全所要時間20時間ほどのフライトを利用しました。日本ーアイルランド間の直行便は無く、イギリスのロンドン経由が最短ルートになります(が、高くつく場合も)

保険料 10万円

語学留学でアイルランドに入国する場合、入国審査の際に必ず保険証を提示する必要があります。必ず、滞在予定期間を全てカバーする保険に入っておきましょう。

授業料 40万円

25週間の授業料です。学校や地域によってかなり差がある部分だと思います。

自分は首都ダブリンではなく、西部のゴールウェイにある「Bridge Mills Galway Language Centre」という学校に通いました。ゴールウェイには語学学校が3校ありますが、その中で最も小規模かつ授業料の安い学校を選びました。

ホームステイ(4週間) 9万5千円

滞在最初の1ヶ月は現地の家庭にホームステイしていました。ホームステイは語学学校が手配してくれます。ホームステイは生きた英語を学ぶのに最適な環境ですが、それ相応の費用がかかります。

ホームステイ(2週間延長) 4万7500円

ホームステイ終了後はシェアハウスに引っ越す予定でしたが、なかなか部屋が見つからず、2週間ホームステイを延長しました。特に夏のハイシーズンは部屋を見つけるのが難しいので、なるべく早く動き始めるようにしましょう!

※シェアハウスの探し方はこちらの記事をどうぞ

アイルランドでのシェアハウスの探し方。中長期で語学留学する場合は迷わずシェアハウスに住もう!

2018.08.28

シェアハウス(4ヶ月半) 20万2500円(月4万5千円)

ゴールウェイの中心部、アイスクエアにあるシェアハウスに住んでいます。

ブラジル人と2人で1部屋を使っています。立地もよく、家賃もお手頃な良いところ!一般的に町中心部ほど家賃が高く、郊外になるほど安くなる傾向にあります。

学生ビザ  4万円

アイルランドに3ヶ月以上滞在する場合は、現地で学生ビザを取得する必要があります。手続方法についてはまた別途記事にします。

旅行代 20万円

アイルランド国内では、ゴールウェイ近郊の絶景スポットに訪れました!
(モハーの断崖、イニシュモア島、コネマラ国立公園)

国外では、北アイルランド、ロンドン、スイス、スペイン(12月予定)

ヨーロッパを気軽に旅行できるのがアイルランドの良いところ!
(例えば、アイルランド-ロンドン間は往復航空券5千円未満、所要時間1時間半程度)

ただし、物価が高い国は多いので注意です。ロンドンやスイスはかなり高かった。。

旅行を控えれば、もっと節約することは可能ですね!!

生活費 48万円(月約8万円)

詳しい内訳はこちらの記事をどうぞ。

アイルランドの物価や生活費って?語学留学で3ヶ月滞在して体感してみた

2018.10.25

アイルランドはとにかく外食が高い。逆に、自炊ができればそれだけ生活費を抑えることができます。

自分はよく友人とパブに飲みに行くので、その分もお金がかかっていますね。。。飲みに行くのを控えれば、もう少し抑えることができると思います。

その他 9万円

シェアハウス入居の際に詐欺に遭い、その時に失ったお金です。

簡単にまとめると

  • 前に入っていた住人に初月の費用及びデポジットを支払った
  • その住人が、お金を家主に渡さずに母国へ帰国

シェアハウス入居の際、お金のやり取りは必ず家主と直接行い、支払ったことを示す書類を発行してもらってください!
詳しくはこちら

アイルランドでシェアハウス入居の際に詐欺に遭った話。家を契約する場合は必ず証明書をもらうべし。

2018.09.19

生活費・旅行代は工夫すればもっと安く抑えることができると思います。
シェアハウスをいかに早く見つけるか!というのもポイントです。

以上、アイルランド現地からお届けしました!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です