101日目「ジロカストラの人々」

7月19日(金)アルバニア、ジロカストラ


自然の声で目覚める朝。

テントとはいえど、屋外で寝たのはいつぶりだろう。

心地よい1日の始まりだ。

まずは朝食を頂く。1泊6ユーロでこれ。

素晴らしすぎんか?笑

午前中はこーんな景色の中、ブログの更新や読書、洗濯。

昼から町へ繰り出す。

とはいっても、昨日見どころは大体回ったので、今日の予定は特にない。メインの通りは今日も地元の人々で賑わっている。

んーさすがにここでバスキングは無理だな笑。この地元感あふれる場所で歌うのは場違いにも程がある。

まあ、明日からギリシャやし、今から稼いでもしゃーねしな。

と、そこへ。

「ギター弾けるのかい!?1曲歌ってよ!笑」

とお母さん。

かなり陽気な方らしく、日本語の歌も歌えるのよ!と

ニーハオ!さようなら!
ありがとう!どうも!
ニーハオ!さようなら!
ありがとう!どうも!

と、楽しげに歌い始める。

爆笑する周りの人々。

ギターを取り出し、おもむろにLet it beを弾き始めると、サビの部分を大きな声で一緒に歌ってくれる。その様子を見て、笑顔を浮かべる周りの人々。

歌い終わると同時に沸き起こる拍手。と、数人が俺の方に駆け寄って来て、なんとチップを手渡してくれるではないか。

ギターケース広げてねえぞ!?笑

こういう、意図せずして生まれる現地の人々とのコミュニケーション。

良いよな。

音楽があってこそ、だ。

今日のバスキングはこれにて終了。

その後バス会社のオフィスに行き、ギリシャのカランバカという町行きのチケットを購入。20ユーロ。出発は明日の朝6時半。

アルバニアではあまりクレジットカードが浸透していない。さらに今回はギリシャ(ユーロ圏)への国際便とあって、支払いはユーロの現金のみだと言われる始末。キャッシング→両替という二度手間がかかってしまった。

ここで悲しいお知らせが、、、

靴、死亡!!!(2回目)

これから旅に出る皆さん、靴は1万円以上出して丈夫な奴を買いましょう!!!


夜は地元の食堂にて。節約のため今日はこれだけ。

陽気な店主。

「俺は、できることならアメリカに住みたいね!もしアメリカに生まれてたら、ハリウッドスターになってたさ。そう思わねえか?笑」


テントに戻る。

そんなジロカストラでの1日だった。

 

P.S.

世界一周ブログランキングに参加しています。

どうか、毎日1回ポチっとよろしくお願いします!!!!!

現在11位です!過去最高位更新です!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です